公開コンテンツ

優良顧客だけを月100人集めるためのFacebook集客ノウハウ①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回はFacebookで優良見込み顧客だけに友達リクエストをして

月100人集客(100件の連絡先取得)していくにあたって必要なFacebook運用ノウハウについてお伝えします。

 

どうも、きれいごとを戦略的に手順立てて実行するISCマーケティングスクール「アイスク」顧問

「あなたの素晴らしい商品をより多くの困っている人にお届けする」

をミッションにマーケティング専門家をしている竹内翔です。

 

この記事を読めば、前回のプレゼントでお伝えした

優良顧客だけを月100人集客するための見込み客の選定」について、

よりマッチした良いお客さんとだけ信頼関係を築いて、

そして、初対面から相手の信頼を得ることができるようになります

 

 

 

 

 

 

友達リクエストするだけで月100人集客するFacebook設定

いざFacebookで友達リクエストを送っても、「なかなか承認されないなー」

ってことでお悩みの方がけっこう多いんですよねー。

 

なのでもっと友達リクエストが承認されて、プロフィール画面からの集客流入の確率をあげるために、

まずは集客に効果的で適切な設定をしていきましょう。

 

 

 

まず大きな要素としては、

  • プロフィール画像
  • カバー画像
  • 自己紹介文

などがあります、

これらのポイントをおさえるだけで優良見込み客の獲得ができちゃうので

しっかり僕のブログやLINE@やFacebookをチェックしてくださいね。

 

 

 

そしてもう少し細やかなテクニックとしては

自分自身の投稿のプライバシー設定を「公開」に変更して、

申請を受けた人が、あなたがどんな人でどのようにFacebookを使っているのかということなどがわかる状態

にしておきましょう。

 

facebookの「設定」画面で、「プライバシー」をタップして

それぞれの項目を下記の画像のように公開に設定しましょう。

⇓設定方法スクリーンショット

 

 

ただ、注意するポイントとしては、

  1. 友達以外に見せたくない投稿などは友達限定のプライバシー設定にするということ。
  2. 潜在顧客(まだ自分のことを知らない見込み客)の目に魅力的に映るような投稿だけ公開設定にしておく

という点が挙げられます。

 

普段のFacebookプライバシー設定を公開にするか友達限定にするかで2つのパターンがありますが、

基本的にはFacebookプライバシー設定を公開に設定しておいて、

友達にだけ見てほしいものを投稿したときに、

毎回個別の投稿のプライバシー設定を友達限定にするやり方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

強烈な集客力を手に入れるSNS運用ノウハウ

上記の設定ができたら、友達リクエストを申請した相手から自分がどう見えるのかを考えていきましょう。

 

Facebookで集客する時には、コミュニケーションを意識しないと全然集客できません

 

 

SNSって基本は個人と個人のコミュニケーションツールです。

 

すぐに、

見てください・読んで下さい・参加してください・登録してください・申し込んでくださいなど勧誘したり、

商材を売りたいというセールスな気持ちが見え見えなメッセージや投稿などはNGです。

SNSはセールスNGと覚えてくださいね。

 

 

商品の投稿自分のビジネスの活動報告ばかりしている人は

逆にうまくいってないのがバレバレです。

 

コミュニケーションを取って仲良くなるか、せめてお役立ちな情報を提供することに力を入れてください。

 

まず1番はSNSでのコミュニケーションを通じて仲良くなるということを意識しましょう。

 

それができて初めてあなた自身のサービスに興味を持ってくれますので、

以下の重要性を学んで集客力を身に付けてください。

 

 

 

 

 

 

プロフェッショナルとしての権威性や安心感を手に入れる

ビジネスや活動をしたり企業に勤めていれば、必ず名刺を作成します。

お店なら看板やショップカードがないとなにをやっているお店なのか

ひどい場合はお店をやっていること自体わからない

ということもあります。

 

わかりやすく明確なキャッチコピーの入った名刺や看板やショップカードがあることによって、

「あなたが何者で、どんな仕事をしているか」が明確に分かります。

 

なので、労力をかけてでも、自分が何者かをはっきりさせることに力を入れていきましょう。

 

 

 

そして「看板や名刺はプロに任せる」

これ鉄則です

 

プロに任せずに素人感の出ている看板を掲げている

文字が剥がれている・見切れたり隠れたりしている看板を掲げている歯医者さんがあったら、

その医院で治療してもらいたいですか?

そんなところでドリルで歯を削られるのイヤですよね

 

具体的には、以下のようなポイントをおさえるのが効果的です。

 

 

 

 

 

明確でわかりやすい自己紹介文で心をわし掴みにする

 

自己紹介文というのは、自分や自分のビジネスや商品のキャッチコピーです

必ずマーケティングのプロに頼んで任せて作ってください。

 

 

強烈な集客力を実現する自己紹介文のポイントとしては3つの注意点があります。

 

  1. なによりも「お客さんが抱えているであろう悩み」を最優先で入れます。
  2. 自分と関わることで「なにが手に入るのかを明確に」メリット・ベネフィットを入れます。
  3. 100文字程度で収めるのは難しいのでアドバンスですが、自分の人生や経緯などを「3幕ストーリー」でストーリー仕立てにします

 

 

 

 

 

 

優良顧客だけを惹き付けるプロフィール写真

 

必ずプロのカメラマンに撮ってもらってください。

顔がはっきりとわかるものが良いです。

画質が良いだけで印象が10倍変わります

OurPhotoというサイトや、タイムチケットというサイトで3000円から出張カメラマンを頼むこともできますし、

スタジオで撮るならだいたい1万2千円くらいの相場でWeb用の写真撮影もしてもらえます。

 

  • スタジオで撮ると写真合成などにも使いやすいという特徴やメリットなどがあります。
  • 屋外での出張撮影は、SNSに馴染みやすいという特徴やメリットなどがあります。

 

 

 

注意するポイントとしては、

  1. 衣装の着替えを持っていって2パターンは撮ってもらう
  2. カバー画像用に、横長で人物を右に寄せた引きの構図のパターンも撮ってもらう
  3. 撮影中、髪の毛が乱れてないかこまめにチェックする

ここに注意して撮影してもらってください。

 

 

あ、あと

「撮影に投資するお金がないよー」ってあなたには裏ワザとして

キャノンのパーソナル向けショールームに行けば今なら無料で撮ってもらうこともできます(ココだけの話ね)

 

 

 

 

 

 

プロフィール画面からの集客流入を加速させるカバー画像

 

仕事柄5万人以上のプロフィール画面をチェックしてきましたが、

これちゃんと出来てない人が9割なんですよね、

 

  1. 「iPhoneで見てもAndroidで見てもパソコンで見ても、文字が隠れていない・見切れていないカバー画像」
  2. 「明確にわかりやすいキャッチコピーを入れたカバー画像」

 

にすることであなた独自の魅力が見た瞬間に直感で最速で伝わります。

 

これは非常にセンスが問われる部分になりますので必ずプロにお願いしましょう。

 

そして以下の点をおさえることで劇的に集客力がアップします

  • 選んでもらう理由を1段落で明確にわかりやすく手短に
  • 画像の綺麗さ
  • 文字のフォント
  • 文字の縦横比
  • 文字の間隔
  • 行間
  • 文字のレイアウト(配置・構成)

 

上記の他にも様々な項目があるので、

明確にわかりやすく手短に表現して

見込み客の目と心をわし掴みにして

なおかつプロフェッショナルとして信頼してもらえるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

魅力的な投稿・見てほしいモノだけを公開設定にする

あなたのことを初めて知った方は、

あなたが普段どんな投稿をしているかを見ています。

 

facebookの投稿は、

一つ一つの投稿で

「公開」「非公開」を設定することができます。

 

なので、

初対面の相手に見てほしい投稿だけを公開

するように設定しましょう。

 

 

 

例えばちょっとしたつぶやきや、友達との個人的なやり取りが目的なのであれば、

わざわざ初対面の方にも公開しても「目が散る」ので友達限定にしておくと良いです。

 

逆に、自分のビジネスに関する投稿や、人気が出た投稿などは、

初対面の方にも見てほしいので公開にしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

プロフィール画面からの流入だけで月100人の顧客リストは獲得できる

いかがでしたでしょうか?

多くのビジネス書やコミュニケーションに関する書籍で、「第一印象」の大切さが語られていますが、

 

今回ご紹介した内容は、Facebookにおける「第一印象」ひいては「戦略」に当たる部分になるかと思います。

 

集客に効果的なプロフィール画面を作るには

ペルソナワークやUSPコンセプトワークやカスタマージャーニー

などの「戦略」が必須です

 

コミュニケーションの文脈でいくと、人の印象は出会って数秒で決まる、とも言われています。

 

そしてお客さんはひと目でわからないと興味や魅力を感じません

ひとことで説明できない商品は売れない

これを覚えてください。

 

 

振り返ってみると、自分自身がfacebook上で知らない人のページを見たときの時間も、

上記の時間とそれほど違わないのでは無いでしょうか。

 

あなたが集客をしているのであれば、

「初めの7秒」にこだわらなかったせいで9割の見込み客を逃す。。

 

なんてこともありえます。

 

そのようなことが起きないように、

 

アクセスした見込み客の「目と心をわし掴み」

にして、最高の印象を持ってもらえるように自分のページの見え方や情報・運用方法を意識いただければと思います。

 

 

お問い合わせ